債務整理のすすめ
おすすめ相談先任意整理個人再生自己破産過払い金請求管理人室

自己破産の手続きに必要な書類とは?申請前の準備と確認

##自己破産:手続き##

 

自己破産の申請は専門家に依頼するというイメージがありますが、実は法律の知識がなかったとしても自分で自己破産の手続きをすることも可能です。

 

自分で自己破産の手続きを進めていくうえでのメリットは「費用が安く済む」ということです。

 

ただし自己破産を申し立てるには必要書類や添付書類など、様々な書類を準備する必要があります。

 

どのような書類が必要なのかをご紹介します。

 

裁判所でもらう書類
〇破産申立書、免責申立書
破産申立書の氏名、生年月日、本籍、住所、連絡先。家族構成、収入、生活の状況、借金の額と借り入れ時期、所有している財産などを記入します。

 

〇陳述書
以下のような質問があります。
・借金をした理由
・経済破綻になった理由
・生活の状況
・経歴
・自己破産以外で解決できない理由
・反省文
・今後の生活の事
これらの事を詳しく書かなければなりません。ちゃんと反省をしているということが伝わるように書きましょう。

 

〇債権者一覧表
全ての債権者の氏名、住所、債務額、借り入れ時期、返済した金額などを記入します。
金融会社だけではなく、家族や友人など借金をしている人全ての名前を記入しなければなりません。
もし記入漏れがあった場合は自己破産の申し立てに通らないこともあります。

 

〇資産目録
現金、車、家など所有している財産を全て記入します。

 

〇家計の状況
過去2〜3ヶ月分の収入、支出の細かい状況を記入、同居している家族の収入も記入しなければいけません。

 

以上が裁判所でもらう書類と内容です。
次に自分で用意する書類と内容になります。

 

〇住民票
世帯全員が記載されているもので、市役所や区役所でもらうことができます。

 

〇戸籍謄本
債務者のみの抄本ではなく、謄本が必要になります。市役所や区役所でもらうことができます。

 

〇給与明細書
過去2ヶ月分の給与明細のコピーが必要です。

 

〇源泉徴収票
過去1ヶ月分の源泉徴収票のコピーが必要になります。

 

〇市民税、県民税課税証明書
住民税の課税額の証明書が必要で、市役所や区役所でもらうことができます。

 

〇預金通帳の写し
所有している全ての通帳の過去2年分ほどのコピーが必要です。

 

〇賃貸契約書のコピー
マンションやアパートなどの賃貸住宅に住んでいる場合に、賃貸借契約書のコピーが必要になります。

 

〇不動産登記簿謄本
不動産を所有している場合に必要になる書類です。

 

〇退職金を証明する書類退職金を受け取っている場合や、退職金を受け取れる見込みがある場合に必要な書類で、会社に言えばもらえます。

 

〇車検証のコピー
申し立て人が所有している自動車や自動二輪がある場合は、車検証のコピーが必要で、両方所有している場合は両方の車検証が必要です。

 

〇自動車や自動二輪の査定書
自動車や自動二輪を所有している場合は、自動車や自動二輪の査定してもらった書類が必要になります。

 

〇離職票
申し立て時に無職の場合に必要になります。

 

〇保険証券のコピー
生命保険などに加入している場合は保険証券のコピーが必要です。

 

〇保険解約返戻金証明書
生命保険などを解約した際に解約返戻金を受け取った場合はその証明書が必要になります。

 

〇財産分与明細書
財産分与がある場合はその明細書を用意してください。

 

〇財産相続明細書
財産相続がある場合はその明細書が必要になります。

 

〇クレジットカードを持っている場合はすべて提出しなければいけません。

 

〇年金等の受給証明書のコピー
年人を受け取っていう場合は受給証明書のコピーが必要です。

 

〇公的助成金
生活保護などの公的助成金を受給している場合は金額がわかる書類が必要です。

 

 

これらの書類が必要となりますが、書類を集めるだけでいいものと自分で記入しなければならないものもあります。
ただでさえ多くて大変なのに記入の仕方も調べながらとなると個人では手に負えなくなることが多いでしょう。

 

やはり、弁護士事務所に依頼するのが一番いいですね。
上記で紹介した書類すべてが必要になるかどうかは裁判所によって違ってくるので、詳しくは裁判所や弁護士、司法書士などに相談して必要なものを用意してください。

 

自己破産のスケジュールと費用

 

自己破産の申請前に確認しておくこと

自己破産の申請に必要な書類を紹介してきましたが、申請前に最低限確認しておくべき事項もあります。

 

〇保証人や連帯保証人がついている契約はないでしょうか?
保証人がいる場合は自己破産をして本人は返済免除になっても貸金業者は保証人に借金の請求をしてくるので自己破産するときは保証人とも相談しておきましょう。

 

〇ショッピング機能がついたカードを利用していないでしょうか?
カードでの買い物も借金の1つになり、自己破産の申し立ての時にすべての借り入れ先の業者と借金の金額を裁判所に申告しなければならず、申告漏れがあった場合、その借金は残ってしまい返済しなければなりません。

 

〇光熱費や家賃などの支払いをカード払いにしていないでしょうか?
光熱費や家賃などの支払いをカードでしていると、毎月のカード利用が続き借金の額が増え、借金の金額が中々決まらず、自己破産の手続きが進まなくなってしまうので、支払い方法を現金払いや通帳引き落としに変更してから自己破産の申請をしてください。

 

〇銀行からの借り入れはないでしょうか?
銀行から借り入れをしている場合、借り入れと同じ銀行口座に給与が振り込まれるようになっている場合、自己破産を申請すると銀行口座からお金を引き出せなくなってしまうので、事前に給与口座を変更しておきましょう。

 

〇貸金業者に1回も返済をしていない業者はいないでしょうか?
貸金業者からお金を借り、1度も返済せずに自己破産申請すると、始めから返すつもりがなくお金を借りたと判断されてしまうと裁判者は借金の返済を免除してくれない場合もあります。
どうしても返済が出来ない場合は弁護士などに相談しておきましょう。

 

以上のことを確認してから自己破産の申請をしましょう。

 

自己破産の申請の手順は、債務者が裁判所に自己破産の申し立てを行い、裁判所が支払不能と認定すれば「破産手続開始決定」となり、自己破産の手続きが始まります。

 

「破産手続開始決定」までに債務者が必要書類(裁判所でもらって記入する書類)と添付書類(自分で用意する書類)を揃えて裁判所に提出します。
それから裁判所による審査が始まり「破産手続開始決定」が下りれば自己破産はできますが、裁判所が借金の支払をしてくことができると判断すれば「破産手続開始決定」が下りず、自己破産はできなくなります。

 

自己破産をする際は、提出しなければいけない書類に記入漏れや嘘を書いたり、適当に書いたりしないで、返済できない理由をきちんと書くことが重要になってくるでしょう。

 

 

 債務整理のすすめトップに戻る

 

金無和也オススメの弁護士事務所!

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所

自己破産の手続きに必要な書類とは?申請前の準備と確認

闇金も債務整理も対応できる日本でも数少ない弁護士事務所です。
また、費用の安さも魅力で債務先1件当たりの着手金は2万円と格安!(任意整理、闇金業者対応の場合)


ただ安いだけでなく債務整理にも手を抜かないので、本当に評判がいい法律事務所です。
普通は断られる闇金対応してくれる所に事務所のユーザー目線の対応がうかがえます。


またメール相談は匿名で行えるのもありがたいところです。
遠方の方でも出張面談を全国どこでもしてもらえます。(対馬のような離島でも足を運んだ実績あり)


自己破産の手続きに必要な書類とは?申請前の準備と確認自己破産の手続きに必要な書類とは?申請前の準備と確認


東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所の無料相談はこちら↓
岡田法律事務所
自己破産の手続きに必要な書類とは?申請前の準備と確認フリーダイヤル:0120146386


女性の借金の悩みにも

同じ借金でも女性には女性特有の悩みがあるものです。


特に借金を抱えた女性は「女性が借金するなんて・・・」と思われたくなかったり、旦那さんや家族に絶対バレたくないと男性以上にプライバシー意識が高いものです。
そんな女性の借金の悩み、内緒の債務整理でも安心して任せられるのが東京ロータス法律事務所です。


ひとりひとりの相談者と必ず面談を行い、それぞれの借金問題に向き合う姿勢が女性にも安心感を与えるんです。



自己破産の手続きに必要な書類とは?申請前の準備と確認自己破産の手続きに必要な書類とは?申請前の準備と確認


女性の借金の悩みでも安心の東京ロータス法律事務所に無料相談↓
岡田法律事務所
自己破産の手続きに必要な書類とは?申請前の準備と確認フリーダイヤル:0120146386


ふづき法律事務所

自己破産の手続きに必要な書類とは?申請前の準備と確認

過払い金請求の着手金が無料のアットホームな弁護士事務所です。
代表弁護士の山下先生も顔から人柄が溢れ出る優しい方で事務所の雰囲気も伺えますね。


無料相談のフリーダイヤルの専任スタッフには接客電話対応の勉強もさせて、借金問題の解決のみならずお客様に失礼にならないことにも重きをおいた懇切丁寧な対応も特徴です。


もちろん全国どこからでも依頼することができ、毎日電話が鳴り止まないほど殺到している人気事務所です。


自己破産の手続きに必要な書類とは?申請前の準備と確認自己破産の手続きに必要な書類とは?申請前の準備と確認


ふづき法律事務所の無料相談はこちら↓
ふづき法律事務所
自己破産の手続きに必要な書類とは?申請前の準備と確認フリーダイヤル:0120-346-011

サルート法律事務所

自己破産の手続きに必要な書類とは?申請前の準備と確認

サルート法律事務所は2015年12月にRESTA法律事務所から名称が変わりました。
借金問題に取り組んで39年という借金問題のスペシャリストでありながら、過払い金請求の着手金ゼロという司法書士事務所真っ青の格安対応も魅力のひとつです。


無料相談は24時間365日対応しておりあなたの都合に合わせて自由に借金相談をすることができます。


また、闇金対応もできる弁護士事務所としても有名で金融業界でも有名な弁護士事務所です。


自己破産の手続きに必要な書類とは?申請前の準備と確認自己破産の手続きに必要な書類とは?申請前の準備と確認


サルート法律事務所の無料相談はこちら↓
サルート法律事務所
自己破産の手続きに必要な書類とは?申請前の準備と確認フリーダイヤル:0120-364-016


無料電話相談
今すぐ相談したい方はこちらからフリーダイヤルで岡田法律事務所に無料相談