債務整理のすすめ
おすすめ相談先任意整理個人再生自己破産過払い金請求管理人室

個人でもできる?過払い金請求や個人再生をするときの注意点

##過払い金請求:自力##

 

過払い金請求をする時の注意点は、金融業者などから借り入れをた過払い金は返還請求すると戻ってくることがあります。

 

この過払い金請求は自分でも行えますが、金融業者のペースに乗せられてしまい本来の金額以下で強引に示談に持ち込まれる場合がありますので注意しなければなりません。

 

特に債務がまだ残っている場合、金融会社が「残金をゼロにする」と示談を迫ることがありますが、過払い金が残金を大きく超える場合も少なくはありません。

 

このことから慎重に対応することが大切です。

 

過払い金がどれくらい発生しているのかは、インターネット上のソフトを使用して必要事項を入力すると計算ができるようになっていますが、費用がかかっても弁護士や司法書士などの専門家に返還請求を依頼するほうが安心です。

 

その弁護士や司法書士に返還請求を依頼する場合の注意点は、交渉の過程や過払い決定額などを随時説明を受けることです。

 

そして弁護士や司法書士とはいえ得意分野と不得意分野がありますので、過払い金返還請求の手続きを依頼するときには必ず実績があるかどうかの確認が必要です。

 

また費用についてもあらかじめ話し合っておくことが大切です。

 

これは後になって思いもよらない追加料金などを請求されないようにするためです。

 

最後に自分自身に対して注意しておくべきことは、過払い金というものは返還請求の手続きをしてすぐに戻ってくるものではないということを理解しておかなければなりません。

 

和解が成立すると1か月から3か月ほどで返還してもらうこともできますが、訴訟に持ち込んだ場合は最低6か月、長くて1年以上かかることを覚悟しておく必要があります。

 

【期限切れ間近】過払い金請求のメリット・デメリット

 

個人再生の手続きはどのような流れ?自分で申請するのと弁護士に依頼するのはどちらがいい?

個人再生は全ての債権者に対する返済総額を減らし、その後の金額を原則として3年で分割をして返済する再生計画を立てます。

 

そして債権者の意見を聞いた上で裁判所が認めたら、その計画通りに返済をすることで残りの債務が免除されるという債務整理の1つです。

 

個人再生の手続きは以下のような流れで行われます。

 

1.申し立て
2.個人再生手続き開始の決定
3.再生計画案の提出
4.再生計画案の可決
5.認可決定
6.認可確定
7.再生計画案に従って、返済を開始

 

この個人再生は弁護士に依頼することが多いのですが、中には弁護士費用がもったいないという理由から自分で手続きを行おうと考える人もいます。

 

ただ、個人再生の手続きには多くの種類の書類や何十枚もの申立書類を作成しなければなりませんので、かなり大変です。

 

そして費用については印紙代や官報公告費用、切手代などで実費3万円ほどが必要ですし、個人で申し立てた場合には裁判所は再生委員を選ぶことになります。

 

この再生委員は専門家がついていない個人のための補助者として、裁判所が選んで調査を行ってもらう人のことですが、再生委員の費用はおよそ25万円で、申し立てた本人が支払うことになります。

 

では、個人再生の手続きを弁護士に依頼すると債務者本人を代理できますので、申立書の作成だけではなく、申立書の提出、裁判所との連絡などの全てを代わりにやってもらうことができます。

 

また、弁護士は依頼を受けた時点で債権者に受任通知を出しますので、以降は債権者からの取り立てを逃れることも出来ますし、申し立て後も自分で直接裁判所と連絡を取る必要がありませんので、手続き中の負担が自分で手続きを行うよりもかなり軽くなることでしょう。

 

さて、気になる費用ですが、個人再生を弁護士に依頼する場合、弁護士報酬としておよそ30万円〜50万円ほどとなっており、これに裁判所に支払う実費が2万5千円ほど必要となります。

 

これらのような様々な面を比較した結果、自分で申請するのと弁護士に依頼するのはどちらがいいでしょうか。

 

費用面を見ると、自分で手続きを行うほうが安く済みますが、その分精神的な負担が大きくなる可能性が十分に考えられます。

 

それを法律の専門家である弁護士に依頼することで精神的な負担が軽くなるだけではなく、自分で行うよりもスムーズに進むことでしょう。

 

このことから個人再生は弁護士に依頼したほうがよいと判断できます。

 

 債務整理のすすめトップに戻る

 

金無和也オススメの弁護士事務所!

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所

個人でもできる?過払い金請求や個人再生をするときの注意点

闇金も債務整理も対応できる日本でも数少ない弁護士事務所です。
また、費用の安さも魅力で債務先1件当たりの着手金は2万円と格安!(任意整理、闇金業者対応の場合)


ただ安いだけでなく債務整理にも手を抜かないので、本当に評判がいい法律事務所です。
普通は断られる闇金対応してくれる所に事務所のユーザー目線の対応がうかがえます。


またメール相談は匿名で行えるのもありがたいところです。
遠方の方でも出張面談を全国どこでもしてもらえます。(対馬のような離島でも足を運んだ実績あり)


個人でもできる?過払い金請求や個人再生をするときの注意点個人でもできる?過払い金請求や個人再生をするときの注意点


東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所の無料相談はこちら↓
岡田法律事務所
個人でもできる?過払い金請求や個人再生をするときの注意点フリーダイヤル:0120146386


女性の借金の悩みにも

同じ借金でも女性には女性特有の悩みがあるものです。


特に借金を抱えた女性は「女性が借金するなんて・・・」と思われたくなかったり、旦那さんや家族に絶対バレたくないと男性以上にプライバシー意識が高いものです。
そんな女性の借金の悩み、内緒の債務整理でも安心して任せられるのが東京ロータス法律事務所です。


ひとりひとりの相談者と必ず面談を行い、それぞれの借金問題に向き合う姿勢が女性にも安心感を与えるんです。



個人でもできる?過払い金請求や個人再生をするときの注意点個人でもできる?過払い金請求や個人再生をするときの注意点


女性の借金の悩みでも安心の東京ロータス法律事務所に無料相談↓
岡田法律事務所
個人でもできる?過払い金請求や個人再生をするときの注意点フリーダイヤル:0120146386


ふづき法律事務所

個人でもできる?過払い金請求や個人再生をするときの注意点

過払い金請求の着手金が無料のアットホームな弁護士事務所です。
代表弁護士の山下先生も顔から人柄が溢れ出る優しい方で事務所の雰囲気も伺えますね。


無料相談のフリーダイヤルの専任スタッフには接客電話対応の勉強もさせて、借金問題の解決のみならずお客様に失礼にならないことにも重きをおいた懇切丁寧な対応も特徴です。


もちろん全国どこからでも依頼することができ、毎日電話が鳴り止まないほど殺到している人気事務所です。


個人でもできる?過払い金請求や個人再生をするときの注意点個人でもできる?過払い金請求や個人再生をするときの注意点


ふづき法律事務所の無料相談はこちら↓
ふづき法律事務所
個人でもできる?過払い金請求や個人再生をするときの注意点フリーダイヤル:0120-346-011

サルート法律事務所

個人でもできる?過払い金請求や個人再生をするときの注意点

サルート法律事務所は2015年12月にRESTA法律事務所から名称が変わりました。
借金問題に取り組んで39年という借金問題のスペシャリストでありながら、過払い金請求の着手金ゼロという司法書士事務所真っ青の格安対応も魅力のひとつです。


無料相談は24時間365日対応しておりあなたの都合に合わせて自由に借金相談をすることができます。


また、闇金対応もできる弁護士事務所としても有名で金融業界でも有名な弁護士事務所です。


個人でもできる?過払い金請求や個人再生をするときの注意点個人でもできる?過払い金請求や個人再生をするときの注意点


サルート法律事務所の無料相談はこちら↓
サルート法律事務所
個人でもできる?過払い金請求や個人再生をするときの注意点フリーダイヤル:0120-364-016


無料電話相談
今すぐ相談したい方はこちらからフリーダイヤルで岡田法律事務所に無料相談