債務整理のすすめ
おすすめ相談先任意整理個人再生自己破産過払い金請求管理人室

 

金無和也キャバクラにはまる

債務整理,デメリット

さて、商社で働き始めて6か月ほどたった頃、借金額も50万円を切るくらいまで減らせていたかと思います。

 

そんな時、本社へ異動することとなりました。

 

本社で最初に仲良くなった同僚のM君。

 

このM君との出会いが金無和也を再び地獄へ引きずり落としていくのです・・・

 

それは少し先のお話。

 

本社に異動してビックリしたのが、同年代の社員たちはみんなパチンコ・パチスロ狂いだったということorz
せっかく忘れかけていた、ギャンブル熱がうずうずしてきて我慢できなくなってしまいました。

 

はい、病気出ました(汗)

 

金無和也キャバクラにはまる

まあ、仕事帰りに行くくらいだったので、今までと比べれば借金増加スピードは緩やかでしたが、当時、90万円まで拡大していたキャッシング枠は次第に埋まっていきました・・・

 

もうすでに、借金があるのが普通の状態になってしまい、その金額を返すのにどれくらいかかるとか、金利がいくらかかるとかどうでもよくなっていました。

 

そんな時、冒頭のM君とパチンコをして二人して勝った時のことです。

M君
「この金でキャバクラ行くぞ!」

 

金無
「マジで?俺行ったことないんだよね・・・」

 

M君
「分かった、俺が楽しみ方教えたるわ!」

 

金無
「お、おう・・・」

 

というわけで金無和也初めてのキャバクラ体験となったのです。

 

金無和也キャバクラにはまる

初めてのキャバクラに緊張気味だった金無でしたが、二人目に付いたI子ちゃんが可愛くてテンションアゲアゲになり、そのまま指名するわ、シャンパン入れるわの大騒ぎで・・・

 

めっちゃ楽しんでしまい、3セットで二人合わせて10万円もかかってしまったのです。

 

キャバクラこわっ!!

 

パチンコで勝ったお金があっという間に消え去った瞬間です。

 

それからは、パチンコで勝ったらキャバクラへGO
みたいな流れになり、M君と常に行動を共にするようになっていったのです。

 

その頃は、120万円まで枠が広がったクレカのキャッシング枠がなくなったら、この遊びは卒業しようと思っていました・・・

 

そして数カ月もすると、パチンコからは卒業してキャバクラに通うようになっていったのです。
もちろん、その頃には120万円の枠は使い切って、2枚目に突入待ったなしの状態でありました・・・

 

金無和也キャバクラにはまる

そんな時に、M君の家の近くのキャバクラに初めていったときに衝撃の出会いをしてしまうのです。

 

金無の本当の借金地獄が幕を開けようとしていました・・・

 

借金総額60万円⇒50万円⇒120万円

 

金無和也キャバ嬢にゾッコン

金無和也パチプロになる<<

無料電話相談
今すぐ相談したい方はこちらからフリーダイヤルで岡田法律事務所に無料相談