債務整理のすすめ
おすすめ相談先任意整理個人再生自己破産過払い金請求管理人室

 

金無和也壮絶の破綻ver2

債務整理,デメリット

さてさて、共済クレジットとかいう金融業者におまとめローンを申し込んだ金無和也でしたが、申し込みから10分もしないうちに、その共済クレジットから電話が入ります。

 

大まかな流れはこんなかんじだったと思います。

 

共済
『どうもー共済クレジットのS木と申しますー初めましてー』
※異常に語尾がのびるあんちゃんだったのは印象深いです。

 

借金400万円ですかー大変でしょうねー』

 

『会社の住所がいいですねー一等地じゃないですかーこれは信用高いですよー
※当時勤めていた会社の住所は〇〇区〇〇1-1-1みたいないい番号でした(笑)

 

『借金した理由は?えっパチスロ?私も大好きですよ!なんだか運命感じちゃうなー
※30分ほどパチスロの話で盛り上がりました(汗)

 

『それでは金無さん、融資は可能だと思いますので、一度東京の当社へご来店いただけませんでしょうか?』

 

金無
えっ、融資可能なの?そんなすぐに分かるもんなの??

 

共済
はい!問題ありません!お勤め先も優良企業のようですし、なんといっても住所の番地ってだいじなんですよ!1-1-1ですからね!

 

金無
『あっそうなんだ!でも往復の電車賃がないかも・・・』

 

共済
『安心してください!片道切符で来てもらえば帰りは融資額でまかなえると思いますよ!』

 

金無
『そっか!じゃあ有給とって伺いますね!』

 

共済
『では◯月×日の△時で融資予約しておきますねー』

 

金無和也と共済クレジットの事前やりとり

大体こんな感じです。

今見返すと超絶胡散臭いですよね(笑)
番地の番号がイイってなんだよwww
しかもその場で融資可能とか言っちゃうのもありえませんし、片道切符で来いってww

 

ただ、追い詰められていた当時の金無は、冷静な判断力なんてなかったんです。

 

そんなこんなで、当時金無の上司だったK課長に東京までの片道料金を借りて(相変わらずサイテー野郎でしたw)東京へ向かうのであった・・・

 

金無和也壮絶の破綻<<

 

>>金無和也おまとめローンをしに東京へ行く

無料電話相談
今すぐ相談したい方はこちらからフリーダイヤルで岡田法律事務所に無料相談