債務整理のすすめ
おすすめ相談先任意整理個人再生自己破産過払い金請求管理人室

なぜ任意売却をすすめるの?知って納得な凄いメリット紹介します!

競売にかかると市場の5~7割以下程度の価格で叩き売られてしまいます。

 

残債が多く残り、新生活を始めるどころではなくて結局自己破産に追い込まれる方がとても多いのが現状です。

 

家を処分する決断というのは人生においてとても大きな岐路になっているはずです。

 

すでに諦めて競売になってもしょうがないと感じている方も多いはずです。

 

ただ、任意売却なら同じ家の処分でも競売とは全く違うんです。

 

メリット@競売に比べ市場価格に近い高額での売却が可能

 

基本的に住宅には抵当権というものが設定されています。
金融機関が住宅ローンの融資をする際に返済ができなくなった場合の担保にその住宅を設定していることを言います。

 

担保として設定しているため、もし住宅を売却したくてもローンの残債以下の金額でしか売れない場合は、その残債を一括で返済しなくてはならないため、自分で住宅を売るのは非常に難しいのです。

 

ところが前述したように競売になってしまうと市場価格の5割ほどでしか売れないこともありますから、残債に大きな金額が残ってしまうのです。

 

これは融資している側の金融機関も本意ではありません。
残債が払えずに自己破産でもされてしまえば、市場価格の5割までしかローンが返ってこずに貸倒れとなってしまいます。

 

任意売却なら一般市場での売却となるため相場で売ることができます。
期限があるため若干低めに出ることも多いのですが、それでも競売よりは遥かに高く売れるのです。
競売だと残るはずだった残債が残らず、まとまったお金が残る可能性だってあるんです。
残債が残ったとしても競売よりは確実に返済額を確保できますし、残債の残りも無理のない金額なら継続した返済にも期待できます。

 

なので、金融機関側も任意売却をすすめてくる場合が多いのです。

 

メリットA売却にかかる費用などの持ち出しがない

 

任意売却のメリットとしてあげられるのが、持ち出しがまったくないというところ、基本的に個人で不動産を売買しようとすると仲介手数料や抵当権抹消の登記費など様々な経費がかかります。

 

ところが、任意売却なら全ての手続きや金融機関との交渉も任意売却の専門相談機関にお任せできるうえ、一切の持ち出し費用がかかりません。
専門の相談機関には弁護士、司法書士と法律のプロが在籍しているため、任せておくだけで安心ですし、残った残債についてもそのまま相談ができてしまいます。

 

メリットB家を売った後の引っ越し費用が出る

競売にかけられてしまうと、強制的に家を処分され、残った残債も一括請求されたり、給与の差し押さえが発生したりと、お金の余裕なんて1円もない状態になります。

 

ところが、任意売却の場合は、相場近くで売却でき、残債も競売より少なく、残りの返済も相談可能という、同じ家を処分する手続きでも天と地ほど差があるのです。

 

そして、家がなくなれば新たに住む家が必要になりますよね?
なんと引っ越し費用は金融機関に交渉すれば出してもらえることが多いのです。
金融機関側も貸し倒れた場合を考えれば引っ越し費用程度なら安いものと判断するんですね。

 

状況によっては難しい場合もありますが、専門の相談期間に任せておけば引っ越し費用捻出の交渉も行ってくれますし、交渉のプロが行いますので自分でするよりは高確率で引っ越し費用が出ることになるでしょう。

 

メリットC成果報酬など一切なし!最初から最後まで無料

ここまでメリットだらけだと、
最初に着手金が必要なんじゃないか?
後から高額な成果報酬が必要になるんじゃないか?
と心配になると思います。

 

ただ、心配する必要は全くありません。
任意売却にかかる費用は最初から最後まで一切かかりません。
仲介手数料や諸々の費用は誰が出すのかと疑問に思うかもしれませんが、競売より遥かに高い金額で住宅を売ることができるため、そこから差し引かれて支払われるのです。
また、専門の相談機関への費用も同様に不動産売買費用の中から差し引かれます。

 

このような仕組みだから、完全無料というシステムが成り立つのです。

 

メリットD返済困難による売却だと誰にもさとられない

競売になってしまった場合は、新聞や裁判所のHPで公開されてしまいます。
また、執行官による査定があるため近所にバレてしまう可能性だってあるのです。

 

ところが任意売却なら一般の市場で普通に売買されるため、公開されることもなければ近所に察される可能性もありません。

 

また、競売のように強制退去などではないため、引越しの日取りもある程度は都合に合わせてもらうことが可能です。
こういった面でもプライバシーが守られると言ってもいいでしょう。

 

メリットEそのまま家に住める可能性がある

競売の場合は必ず家は失いますし、そのまま引っ越しせざるを得ません。
しかし、任意売却であれば家に住み続けられる可能性が残っているのです。

 

それは、リースバックという方法です。
リースバックとは、一旦、不動産を売却しますが、指定の不動産業者に買い取りをしてもらい、その不動産業者から賃貸で家を借りる方法です。
また、自分の親類や知り合いなどに買い取ってもらい、家賃を払ってそのまま済み続けるというパターンもあります。

 

そして、将来的に買い戻すことも可能です。

 

そのまま住み続けられるということは、子供が転校しなくて良くなったり、近所に何の変化も悟らせないというメリットがあったりします。
何より愛着のある我が家を離れなくて済むというのが最大のメリットですよね。

 

本当にメリットばかり?デメリットはないのか?

ここまで任意売却のメリットばかりを紹介してきましたが、いいことばかりで本当にデメリットがないのか不安になりますよね?

 

唯一と言えるデメリットは任意売却に失敗することです。
売り手がつかないことには任意売却は成功しませんし、金融機関が任意売却に同意してくれなければそもそも交渉もできません。

 

そうなる前にきちんと自分の状況で任意売却が可能かどうかを専門の期間に相談することが大事です。

 

なぜ任意売却をすすめるの?知って納得な凄いメリット紹介します!住宅ローンの支払がキツイなら任意売却の相談を↓↓
super_728_90.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 
無料電話相談
今すぐ相談したい方はこちらからフリーダイヤルで岡田法律事務所に無料相談