債務整理のすすめ
おすすめ相談先任意整理個人再生自己破産過払い金請求管理人室
このエントリーをはてなブックマークに追加 

債務整理の用語集記事一覧

債務整理用語集-あ行

おまとめローン複数の業者からの借り入れを一本化するためのローン。借入のある業者に対して返済可能な額を融資し、その融資額を返済していくことになる。新たな借り入れとなるため、利息制限法で計算した支払わなくていい借金まで支払う可能性がある。⇒おまとめローンの詳細一本化複数の借り入れを1か所からの借り入れに...

» 続きを読む

債務整理用語集-か行

個人再生自己破産と任意整理の中間のような制度。裁判所に申し立てを行い、債務を大幅に免責(おおよそ5分の1)してもらい、長期間に分割して支払いをする。期間はほとんどが3年だが、特別な事情がある場合は5年まで延長される場合がある。⇒個人再生の詳細家計簿個人再生の審査に必要となる。個人再生後免責した後の金...

» 続きを読む

債務整理用語集-さ行

出資法正式には「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」という。出資法の中で定められている上限金利29.2%で貸し付けを行う賃金業者が多かったが、平成22年6月に上限金利が20%に引き下げられたため、利息制限法の上限利息と一致した。⇒過払い金請求のメリット・デメリット受任通知債務者が債務...

» 続きを読む

債務整理用語集-た行

多重債務複数のクレジット会社や貸金業者から借金をし、返済が困難となっている状態のこと。借金を借金で返すことにより、利息の支払いがかさんでくることによるものが多い。支払い能力を超えていることがほとんどなので、債務整理や自己破産をすることになることが多い。着手金司法書士や弁護士に債務整理の依頼をするとき...

» 続きを読む

債務整理用語集-な行

任意整理弁護士や司法書士が債権者と支払い方法や支払い額を交渉することにより支払いが可能になるようにする手続き。裁判所が入らないため手続きが比較的簡単。交渉によって決まった金額を3〜5年で分割払いしていくことになる。

» 続きを読む

債務整理用語集-は行

破産管財人破産申告をした者に財産がある場合、その財産を債務者に公平に分配する手続きにあたるもの。裁判所より選任候補として登録されている弁護士から選ばれる。破産申告の手続きを弁護士が行っている場合はその弁護士に任されることが多い。ブラックリスト個人信用情報に事故情報や異動情報の記載がある場合のことをい...

» 続きを読む

債務整理用語集-ま行

免責債務の返済を免れること。特に自己破産の手続きを行うことにより、破産者が既存の借金については債務者の返済追及を免れることを指すことが多い。破産手続きが終了した時点ではなく、破産手続き開始決定を受けなければ免責にならない。免責不許可事由免責を受けることができない理由のこと。財産を隠していたり、破産手...

» 続きを読む

債務整理用語集-や行

融資お金を借りたいと思う人にお金を貸すこと。ローンともいう。お金を貸す業者は利息を得ることを目的とする。土地や家などを担保に融資する場合もあるが、一定の収入があるなど、支払い可能であるという条件を信用に無担保で融資する場合もある。闇金国や都道府県に登録をせず貸金業を営む業者。出資法で制限された金利よ...

» 続きを読む

債務整理用語集-ら行

利息お金などの借りたものに対して、その使用対価として金額と期間に比例した割合で支払われるお金のこと。利子と同じ意味で使われる。利息は利息制限法により上限が決められているため、それを超える利息については支払う義務はない。利息制限法お金を借りるときに生じる金利の割合について決められた法律。元本10万円を...

» 続きを読む

債務整理用語集-わ行

和解借金を整理し、借金を減少したり払い過ぎた金利分を取り戻すこと。任意整理のことを指すこともある。債権者との和解が成立した場合、その内容を記載した和解書が作成され、和解書には話し合いの結果の和解条項に記載される。

» 続きを読む

無料電話相談
今すぐ相談したい方はこちらからフリーダイヤルで岡田法律事務所に無料相談