債務整理のすすめ
おすすめ相談先任意整理個人再生自己破産過払い金請求管理人室

債務整理を弁護士に依頼すると高いって本当?一般的な費用を検証

##債務整理:弁護士##

 

債務整理をする場合、弁護士や司法書士に相談する人が多いですが、弁護士と司法書士ではどちらに依頼した方がいいのかよくわからない人も多いと思いますが、司法書士の場合には扱える依頼に制限があり、任意整理でなおかつ簡易裁判所で扱う請求額が140万円以下のものになります。

 

それにひきかえ、弁護士はどのような債務整理でも裁判でも金額にも制限はなにもありません。

 

詳しくは次の項目で説明しますね。

 

このように弁護士の方が金額の大きな案件を扱うことができるので、弁護士に依頼すると高いと感じてしまう場合もあります。

 

では債務整理にはいったいくらくらいかかるのでしょうか?

 

債務整理の費用には着手金と報酬金がありこれは弁護士や司法書士に報酬として支払うお金と、予納金という破産・民事再生手続きにおいては,裁判所に収めるお金があります。

 

弁護士や司法書士に支払う報酬は自由化されているので、定価というものはありませんが着手金は1社につき21,000円、成功報酬も1社につき21,000円というのが一般的となっています。

 

また減額報酬は減額した金額の10.5%、過払金返還報酬は取り戻した金額の21%が一般的な報酬となります。

 

例えば3社で200万円の借金を債務整理によって160万円へ減額と40万円の過払金を取り戻した場合の費用は次のようになります。

  • 着手金 → 21,000円×3社=63,000円
  • 成功報酬 → 21,000円×3社=63,000円
  • 減額報酬 → 40万円×10.5%=42,000円
  • 過払金返還報酬 →  40万円 × 21.0% = 84,000円

※合計252,000円の費用となります。

 

このように、債務整理には選ぶ手段によっても変わりますが、数十万円という費用がかかってきます。
しかし、この高い費用を払えないという事態に陥ることは少ないのにはカラクリがあります。

 

弁護士費用が必ず払えるカラクリとは?

 

債務整理の費用が安いのは?弁護士と司法書士を比較!

まず弁護士も司法書士も債務整理を依頼すると消費者金融などの問い合わせに全て対応してもらうことができるということ、そして債務整理のプロに依頼することで気持ちが強くなり、精神的な重荷が軽くなるという利点があります。

 

ただ、弁護士と司法書士には違いがあり

 

・取り扱うことができる請求金額が違う
・地方裁判所に申し立てる方法が違う
・費用が違う

 

となっています。

 

一般的に弁護士は調停や訴訟などの代理人であり、司法書士は法律に関わる文書の作成や登記の代行を行うのが仕事です。

 

ところが2003年の法改正によって債務整理の手続きは請求金額が140万円以下であれば弁護士だけではなく法務大臣の認定を受けた認定司法書士にも以来することができるようになりましたので、債務整理の手続きを弁護士と司法書士に依頼する時の大きな違いは請求金額となります。

 

司法書士は請求金額は140万円以下の場合でのみ依頼することができ、140万円以上の金額を請求したいということであれば弁護士に依頼することになります。

 

そして個人再生や自己破産では地方裁判所に申し立てを行いますが、司法書士には訴訟代行権がありませんので全てを任せることが出来ません。

 

また債務整理の手続きは一般的な話になりますが、弁護士よりも司法書士のほうが安い費用で依頼できます。

 

ただ、基本的には債務整理の方法は弁護士であっても司法書士であっても変わりはないということ、そして大切なのは弁護士か司法書士かのどちらかを選ぶのではなく、債務整理を専門的に行っているか、さらに料金が明確になっているか、親身になって相談を受けてくれるかなどの信用面で考えることが大切です。

 

弁護士費用が安いのはココ!東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所

 

債務相談するときに弁護士の実力は関係ある?債務整理に強い弁護士を選ぶべき理由

債務整理の際に弁護士に依頼しますが、このときの弁護士の選び方は「債権者」「生活状況」「借金額」によって変わります。

 

実は借金額が多い場合と少ない場合では弁護士の選び方が変わり、借金額が多い場合は債務者は自己破産の手続きを行う確率が高くなることから、自己破産に強い弁護士を選ぶ必要があります。

 

これは自己破産の手続きは裁判所を通す手続きあり、裁判官と債務者のやりとりで借金帳消しの免責決定の可否が決まるからという理由があるため、自己破産に強い弁護士が持っているノウハウや裁判所対策が重要となります。

 

次に債権者の対応が強いケースと柔軟なケースでも弁護士の選び方が異なります。

 

債権者の対応が強い場合は、高度な専門知識や解決のノウハウを持っている弁護士を選ぶ必要がありますが、例えば任意整理であれば債権者と弁護士の直接交渉にて借金の減額が決まりますので、専門的な知識やノウハウを持っている弁護士ならば、強い対応を取る債権者であってもうまく対抗ができることでしょう。

 

ですので、交渉が成立して債務者は大幅な借金減額になりやすくなります。

 

そして弁護士の選び方において債務者の生活状況も影響を与える要因で、債務整理を行う費用が全くない人と費用に余裕がある人とでは選び方の幅が異なります。

 

費用に余裕がある人は、より専門知識を持つ債務整理に強い弁護士を選ぶことが出来ますが、費用がない人は分割払いや立て替えができる弁護士や専門機関を利用することになります。

 

これらのことを考えた上で弁護士を決めることができれば、債務者にとってはよい選択となるでしょう。

 

債務整理に強い弁護士事務所の一覧はこちら

 

 

 債務整理のすすめトップに戻る

 

金無和也オススメの弁護士事務所!

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所

債務整理を弁護士に依頼すると高いって本当?一般的な費用を検証

闇金も債務整理も対応できる日本でも数少ない弁護士事務所です。
また、費用の安さも魅力で債務先1件当たりの着手金は2万円と格安!(任意整理、闇金業者対応の場合)


ただ安いだけでなく債務整理にも手を抜かないので、本当に評判がいい法律事務所です。
普通は断られる闇金対応してくれる所に事務所のユーザー目線の対応がうかがえます。


またメール相談は匿名で行えるのもありがたいところです。
遠方の方でも出張面談を全国どこでもしてもらえます。(対馬のような離島でも足を運んだ実績あり)


債務整理を弁護士に依頼すると高いって本当?一般的な費用を検証債務整理を弁護士に依頼すると高いって本当?一般的な費用を検証


東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所の無料相談はこちら↓
岡田法律事務所
債務整理を弁護士に依頼すると高いって本当?一般的な費用を検証フリーダイヤル:0120146386


女性の借金の悩みにも

同じ借金でも女性には女性特有の悩みがあるものです。


特に借金を抱えた女性は「女性が借金するなんて・・・」と思われたくなかったり、旦那さんや家族に絶対バレたくないと男性以上にプライバシー意識が高いものです。
そんな女性の借金の悩み、内緒の債務整理でも安心して任せられるのが東京ロータス法律事務所です。


ひとりひとりの相談者と必ず面談を行い、それぞれの借金問題に向き合う姿勢が女性にも安心感を与えるんです。



債務整理を弁護士に依頼すると高いって本当?一般的な費用を検証債務整理を弁護士に依頼すると高いって本当?一般的な費用を検証


女性の借金の悩みでも安心の東京ロータス法律事務所に無料相談↓
岡田法律事務所
債務整理を弁護士に依頼すると高いって本当?一般的な費用を検証フリーダイヤル:0120146386

このエントリーをはてなブックマークに追加 
無料電話相談
今すぐ相談したい方はこちらからフリーダイヤルで岡田法律事務所に無料相談