債務整理のすすめ
おすすめ相談先任意整理個人再生自己破産過払い金請求管理人室

債務整理中に新規にお金を借りたい場合どうなるのか?

 

債務整理期間中ではあるがどうしてもお金を借りたい…、という状況になったとき、お金を借りることは出来るのでしょうか?

 

 

■債務整理中にお金を借りることは出来る?

債務整理の期間内で、再びお金を借りなければならない状況に陥った場合、果たしてお金を借りることなど出来るのでしょうか。
基本的には、債務整理期間内で新たに借金をすることは出来ませんし、するべきことでもありません。そもそも、借金問題を解決するために債務整理をしている訳ですから、また借りるというのは矛盾しています。…とはいえ、どうしてもお金が足りないというときには、新たな借り入れもやむを得ません。

 

ただこの場合は、金融機関ではなく、なるべくあなたの近くにいる人、家族や友だち、知人などから借りるようにして、しかもすぐに返すことを心掛けてください。
また、急な病気や事故でお金に困っているときは、社会福祉協議会の緊急小口資金で10万円までなら貸してくれることもあります。
詳しくは社会福祉協議会のホームページを確認してください。

 

 

■多額のお金が必要なときには…

しかし、家族や知人からお金を借りるわけにはいかない、10万円程度ではどうしようもない、まとまった金額が必要だ…ということであれば、新たに貸金業者から借入するしかありません。

 

とはいえ、そもそも債務整理中の人にお金を貸してくれる貸金業者はいるのでしょうか。
ご存じのとおり、債務整理をおこなうとブラックリストに登録されます。具体的に言えば、5年間、信用情報機関に債務整理をおこなったということが記されます。

 

ですが、実を言うと、ブラックリストに登録されている人にお金を貸してはいけない、という法律的な決まりがあるわけではありません。
無論、貸金業者の立場からすれば、わざわざブラックリスト入りしている人にお金を貸すことは相当のリスクがある訳ですが、実際にお金を貸すか否かは貸金業者の個々の判断に任せられているのです。

 

 

■貸金業者は、本当にお金を貸してくれるのか?

 

▼銀行や大手消費者金融の場合

銀行や大手消費者金融の場合、債務整理中にお金を借りようとしても、まず間違いなく貸してくれません。大手消費者金融は「スコアリングシステム」という融資の審査を自動的におこなうコンピュータシステムを導入しており、ブラックリストに登録されている人がお金を借りに来た場合は、システムが自動で融資をブロックするようになっているのです。ブラックリスト入りしている5年間は、まず貸してくれないと思ってください。

 

▼中小の消費者金融の場合

ただし、中小の消費者金融の場合は、必ずしも貸してくれないという訳ではないようです。というのも、中小の消費者金融は昨今、収入減に苦しんでいるからです。

 

少し前のことですが、「グレーゾーン金利」と呼ばれる高額な金利でお金を貸すことが黙認されていた時代がありました。「グレーゾーン金利」とは、「利息制限法に定められた金利を超える高金利ではあるが、出資法の制限を超えていない金利」のことで、この金利によって中小の消費者金融は利益を確保していました。

 

しかし、2010年、このグレーゾーン金利が廃止されることで、高額な金利での貸し付けが禁じられるようになりました。
これに加えて総量規制が導入されることで、消費者金融は貸し付けが出来る金額も制限されてしまい、収入が大幅に減ってしまったのです。

 

そこで、大手消費者金融と同じ審査基準ではやっていけない中小の消費者金融は、独自の審査基準を打ち出すようになりました。
その審査基準によっては、年収や職業、いままでの勤労の状況などを総合的に考慮したうえで、ブラックリストに登録されていてもお金を貸してくれるところもあるのです。
どうしてもお金を借りたいときには、このような中小の消費者金融に相談してみると良いかもしれません。

 

■闇金にだけは決して手を出してはいけない

現実的な話、債務整理中にお金を貸してくれる可能性は高くはありません。
ただし、だからといって闇金に手を出すことはもってのほかです。
違法な手段に手を染めるのではなく、弁護士と相談のうえ、解決の糸口を探すことが重要です。

 

債務整理後いつからローンやクレカを作れるのか?

 

 債務整理のすすめトップに戻る

無料電話相談
今すぐ相談したい方はこちらからフリーダイヤルで岡田法律事務所に無料相談