債務整理のすすめ
おすすめ相談先任意整理個人再生自己破産過払い金請求管理人室

 

自己破産の特徴と詳細

自己破産とは

 

自己破産とは、裁判所から免責をもらうことで借金を完全に0円にする最終手段的な債務整理方法です。
任意整理や個人再生でどれだけ債務を圧縮したとしてもどうにもならない場合に選ぶ手段です。
借金がゼロにできるとあって、債務整理の中では一番デメリットも多いのが自己破産です。

 

 

自己破産でできる借金整理

自己破産は上述の通り、免責さえ下りれば借金が0円になります。
が、住宅や車などの20万円を超える財産は残すことができません。

 

自己破産の特徴

借金事由に制限がある

免責不許可事由が定められており、該当してしまうと免責をしてもらえず、借金をチャラにすることができないが、実態としては最終的に許可されることがほとんど(ただし、時間がかかる)

持てる財産に制限がある

生活必需品以外の一点20万円以上の財産や預貯金は持つことを許されません。
現金であれば99万円まで所持が認められています。
また破産手続き後に得た財産は処分対象になりません。(破産後の給与などで口座が20万円を超えても差し押さえ対象にならない)

特定の資格には制限をかけられる

破産手続開始から、復権(免責が下りるのと同時に出る)までの期間は該当する資格や職業につけなくなる。
またその資格を有している場合は復権まで資格を失う。

行動の自由を制限される

破産法37条により、破産者は裁判所の許可がない限り居住地を離れてはいけない。と定められており、旅行や引越しなどは復権を得るまではすることができない。

 

自己破産の注意点

自己破産をする前に、本当に破産以外の選択肢がないのかしっかり考えることが大事です。
自己破産をするとパスポートが取れなくなるとか、選挙権を失うとか、年金受給ができなくなるといった、都市伝説が信じられているくらい、ネガティブイメージが付いてしまいます。
債務整理の中で最も内緒にしにくいのが自己破産です。
出来る限り他の債務整理方法などの可能性を探って下さい。
また、破産申請をした時に、財産を保有していると判断されると【管財事件】となり、予納金として最低20万円以上の実費が必要になってきてしまいます。
一点20万円以上の財産を持っている場合は、処分して換金し返済に当てた後で自己破産すれば【同時廃止】となりスムーズな自己破産ができます。

 

 

自己破産の特徴と詳細記事一覧

自己破産をした場合の事例

債務整理をした場合の事例(自己破産編)自己破産は自分の収入や財産で借金を支払いきれなくなった場合、不動産,自動車,現金,預貯金,他人への貸金,保険の解約返戻金,将来受け取ることのできる退職金など、自分の全財産を換金し債権者へ分配し清算する事です。借金額が1000万だろうと1億だろうと適用でき借金を0...

» 続きを読む

自己破産のスケジュールと費用

自己破産のスケジュールと費用自己破産の手続きから返済スケジュール、弁護士費用相場などを説明します。弁護士事務所への依頼を前提としたスケジュール相談↓即日から1週間以内依頼↓2〜3日受任通知送付(金融機関への債務整理開始の通知)↓取り立て・返済を停止取引履歴開示請求(金融機関からの取引履歴取りよせ)↓...

» 続きを読む

自己破産の免責不許可事由とは?

自己破産の免責不許可事由とは?自己破産における免責とは、裁判所から『借金をチャラにしてもいいですよ』と法律的な決定をもらう事です。破産の手続きが完了しただけでは借金がチャラになる訳ではないので勘違いしてはいけません。借金の免責を受けるためには、借金を負ってしまった理由が重要になり、ここで引っ掛かると...

» 続きを読む

自己破産による資格制限一覧

破産による資格制限一覧制 限 法 条資  格  者あ  行アルコール売捌規則第40条アルコール普通売捌人位階令第6条有位者宇宙開発委員会設置法第7条委員会委員卸売市場法第17条卸売業者沖縄振興開発金融公庫法第33条公庫の役員か  行科学技術会議設置法第7条会議々員割賦販売法第33条割賦購入あっせん業...

» 続きを読む

金無和也の一問一答~自己破産の疑問編~

金無和也の一問一答~自己破産の疑問編~ 自己破産賃貸契約書は絶対いる?賃貸で住んでいる場合は必ず必要です。 自己破産をすると日常生活に制限は出ますか?法律で定められた制限などは存在しませんが、住居があった場合は失うことになりますし、車も20万円以上の価値があれば取られてしまいます。また、自己破産をす...

» 続きを読む

生活上のさまざまな制限あり!自己破産したときのデメリット

##自己破産:デメリット##近年、自己破産をする人が増えている傾向にあります。バブル崩壊やリーマンショック以降、よくならない景気や就職難から今や自己破産自体がめずらしくなくなっているのです。とはいえ、簡単に自己破産を考えていると痛い目にあいます。自己破産を検討している場合はそのデメリットを理解し、そ...

» 続きを読む

自己破産の手続きに必要な書類とは?申請前の準備と確認

##自己破産:手続き##自己破産の申請は専門家に依頼するというイメージがありますが、実は法律の知識がなかったとしても自分で自己破産の手続きをすることも可能です。自分で自己破産の手続きを進めていくうえでのメリットは「費用が安く済む」ということです。ただし自己破産を申し立てるには必要書類や添付書類など、...

» 続きを読む

自己破産してローンが組めるまではどれくらい?自己破産の時効

##自己破産:時効##近年、長引く不況のせいか債務整理をする人が増えています。債務整理の中でも自己破産は、自分の財産を失ったり長年ローンやクレジットの契約ができないなど生活への支障が大きいものです。自己破産をして免責が通ると、借金を返さなくてよくなりますが、信用情報機関に情報が登録されてしまいます。...

» 続きを読む

自己破産を無料で相談するには?

##自己破産:無料相談##自己破産は裁判所の判決により、借金の全てをチャラにしてもらって支払い義務を免れる手続きです。裁判所を通じての手続きになりますので、自分自身で行うことも可能ですが弁護士に依頼することが一般的になっています。借金の整理には「貸金業法」「民事再生法」「破産法」などといった法的知識...

» 続きを読む

自宅の任意売却は自己破産の前にしたほうがよい?

##自己破産:任意売却##自宅の任意売却を破産前にする大きな理由として自己破産の手続きの期間や費用が大幅に違うということです。自己破産は財産があるかないかによって手続きが異なってきます。自己破産をするとき自宅などの財産があれば管財事件となり、裁判所への予納金が50万円ほど費用がかかり、期間も半年から...

» 続きを読む

自己破産する前に離婚し財産分与で資産を名義変更

##自己破産:離婚##例えば夫が自分のために借金をした結果、自己破産をしなければならない状況になった場合、「夫が負債を全て背負って、持ち家などの夫名義の資産を妻に名義変更してから離婚すれば資産を守ることができる」という考えを持つ人は少なくありません。ところが、それは無理だと考えるべきです。そのような...

» 続きを読む

自己破産が完了するまでは時間がかかる!流れを知っておけば安心

##自己破産:期間##自己破産の手続きが全て完了する期間は、債務者の事情や債務状況、そして弁護士に依頼しているかどうかで異なりますが、早ければ3か月、遅ければ1年以上かかる場合があり、平均するとおよそ3か月から6か月です。具体的にどのような流れで手続きが進んでいくのかということをあらかじめ知っておく...

» 続きを読む

自己破産後の年金はどうなる?普通の生活を送るためにやっておくこと

##自己破産:年金##自己破産後は借金がなくなるというメリットがありますが、財産が没収されるというデメリットもあります。この財産の中に年金も含まれるのかと気になりますが、年金は没収されません。年金は「差し押さえ財産」として差し押さえられることが禁止されていますし、他人に譲渡したり担保にしたり、差し押...

» 続きを読む

自己破産の申請で裁判所に免責不許可とされる事項とは?

##自己破産:免責不許可##免責不許可は借金の支払い義務が無くならないので、申し立てても借金の支払いを続けていかなければなりません。自己破産に至るまで体力も精神も疲れているのに申立をしても、免責不許可となってしまってはさらに精神的にも辛い状態になりますね。申立の前に、免責不許可となる行為などを見てい...

» 続きを読む

クレジットカードで借金が増える仕組みとカード破産の事例を紹介

##カード破産:自己破産##クレジットカードで借金が増える仕組みこのところ、クレジットカードが原因で自己破産をする人が増えています。いわゆるポイントカードがクレジットカードを兼ねている物に変わっているのも一つの原因です。こういったポイントカードを兼ねたカードを契約すると、確かにポイントも貯まるし現金...

» 続きを読む

自己破産は配偶者にバレない?自己破産は自宅に通知される?

##自己破産:バレない:官報##配偶者に内緒でカードローンを作り、少しずつ借り入れしてたはずなのに返済に困りさらに借り入れと、どんどん借金が膨らんでしまい、とうとう自己破産を選ぶしかなくなってしまった方の一番の不安は配偶者に自己破産がバレないか?という点じゃないでしょうか。残念ですが、十中八九、家族...

» 続きを読む

無料電話相談
今すぐ相談したい方はこちらからフリーダイヤルで岡田法律事務所に無料相談