債務整理のすすめ
おすすめ相談先任意整理個人再生自己破産過払い金請求管理人室

 

自己破産の免責不許可事由とは?

自己破産における免責とは、裁判所から『借金をチャラにしてもいいですよ』と法律的な決定をもらう事です。
破産の手続きが完了しただけでは借金がチャラになる訳ではないので勘違いしてはいけません。

 

自己破産の免責不許可事由とは?

借金の免責を受けるためには、借金を負ってしまった理由が重要になり、ここで引っ掛かると免責を受ける事ができなくなります。

 

これを『免責不許可事由』と呼びます。

 

では、どのような事由が引っ掛かるのでしょうか?

免責不許可事由に該当する要件
  1. 浪費(むだづかい)やギャンブルによって多額の借金をしてしまった場合
  2. 財産を隠したり,壊したり,勝手に他人に贈与したりした場合
  3. 破産申立てをする前の1年間に,住所,氏名,年齢,年収等の経済的な信用に関わる情報について嘘をついた上で,お金を借りたり,クレジットカードで買物をしたりしたような場合
  4. ローンやクレジットカードで商品を買った上で,その商品を非常に安い値段で売ってお金に替えた場合
  5. 破産の申立てをした日から数えて7年以内に免責を受けたことがある場合
  6. 裁判所や破産管財人が行う調査に協力しなかった場合

上記のような要件に当てはまる場合は免責不許可事由に該当します。

 

自己破産の免責不許可事由とは?

ただ、自己破産というのは、債権者に破産者の財産を分けるだけでなく、借金を清算し破産者の更生を助けるための法律であるため、該当した不許可事由に対して深く反省し、生活態度を改め、更生の意思を示すことで、最終的に裁判所から免責を与えられる事が多いです。

 

不安に思う方は一度弁護士などの専門家に相談してみるといいでしょう。

 

免責を受けてもチャラにならない請求権があります。
  • 税金(所得税、市県民税、健康保険料、社会保険料など)
  • 罰金(違法駐車やスピード違反等の反則金など)
  • 不法行為に基づく損害賠償請求権(詐欺行為、交通事故など)
  • 民法で定める扶養義務で生じる費用負担に関する請求権(婚姻費用分担金、養育費など)
  • 雇用契約に基づいて生じる返還請求権(未払給与、退職金など)
  • 故意に債権者名簿に記載しなかった請求権

など、これらの請求は消えませんのでご注意ください。

自己破産のスケジュールと費用を確認する

免責不許可事由に該当しているが自己破産しかないという場合・・・

自己破産の免責不許可事由とは?

例えば、ギャンブルなどによる借金があり、突然失職して借金を返済できなくなってしまった場合などは、安定的な収入が無いため「任意整理」も「個人再生」もできないことになります。
そのような場合の判断は自分ではなかなかできませんし、するべきではありません。

 

やはり、専門家にアドバイスを求め、適切な解決方法を教えてもらうのがベストな選択です。

 

自分に合った借金解決方法を教えてもらうための問い合わせテンプレート

自己破産の免責不許可事由とは?

※枠内の文章をコピペし必要事項を足してお使い下さい。
※メール問い合わせの相談内容や質問を入力する欄に張り付けてご使用下さい。

お世話になります。
自分の借金状況でどのような手段を取っていいのか分からず、問い合わせさせていただきました。
どのような解決方法があり、どれくらいのお金がかかって、支払いはどのようにするのかなどアドバイスいただけたらと思います。
現在、失職してしまい無職の状態ですが、借金事由が免責不許可事由に当たることがわかり途方に暮れています。
なにか、解決の手立てがあれば教えていただきたく、お願い申し上げます。

 

自分の状況としては
年齢:〇歳
職業:無職
年収:〇〇万円
既婚or独身
住居:一戸建て(住宅ローンあり)or親所有or賃貸
車:所有(ローン返済中orローンなし)
借金をした理由:例)ギャンブル、事業失敗、浪費、など

 

借入状況
借り入れ件数:〇件
借金総額:〇万円
借入先詳細:
@〇〇:〇万円(平成〇年頃〜平成〇年完済)
A××:〇万円(平成〇年頃〜返済中)
B
C
D
E
F

 

家族や会社にはバレたくありません。

 

他に必要な情報があれば用意しますのでお教え下さい。

 

携帯電話対応可能時間
00:00〜00:00

 

以上、よろしくお願いいたします。

〇×の部分とorの部分をご自分の情報に置き換えてご利用下さい。
注)イタズラメールが多くなっていますので問い合わせメール送信後に問い合わせ先より本人確認の電話連絡が必ず入ります。コレに出ないと対応がしてもらえませんので必ず電話にでるようにしましょう。

 

 債務整理のすすめトップに戻る

 

金無和也オススメの弁護士事務所!

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所

自己破産の免責不許可事由とは?

闇金も債務整理も対応できる日本でも数少ない弁護士事務所です。
また、費用の安さも魅力で債務先1件当たりの着手金は2万円と格安!(任意整理、闇金業者対応の場合)


ただ安いだけでなく債務整理にも手を抜かないので、本当に評判がいい法律事務所です。
普通は断られる闇金対応してくれる所に事務所のユーザー目線の対応がうかがえます。


またメール相談は匿名で行えるのもありがたいところです。
遠方の方でも出張面談を全国どこでもしてもらえます。(対馬のような離島でも足を運んだ実績あり)


自己破産の免責不許可事由とは?自己破産の免責不許可事由とは?


東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所の無料相談はこちら↓
岡田法律事務所
自己破産の免責不許可事由とは?フリーダイヤル:0120146386


女性の借金の悩みにも

同じ借金でも女性には女性特有の悩みがあるものです。


特に借金を抱えた女性は「女性が借金するなんて・・・」と思われたくなかったり、旦那さんや家族に絶対バレたくないと男性以上にプライバシー意識が高いものです。
そんな女性の借金の悩み、内緒の債務整理でも安心して任せられるのが東京ロータス法律事務所です。


ひとりひとりの相談者と必ず面談を行い、それぞれの借金問題に向き合う姿勢が女性にも安心感を与えるんです。



自己破産の免責不許可事由とは?自己破産の免責不許可事由とは?


女性の借金の悩みでも安心の東京ロータス法律事務所に無料相談↓
岡田法律事務所
自己破産の免責不許可事由とは?フリーダイヤル:0120146386

このエントリーをはてなブックマークに追加 
無料電話相談
今すぐ相談したい方はこちらからフリーダイヤルで岡田法律事務所に無料相談