債務整理のすすめ
おすすめ相談先任意整理個人再生自己破産過払い金請求管理人室

借入先が合併した場合の過払い金請求は可能?

##過払い金請求:合併##

 

借入先が合併した場合、過払い請求ができるのかどうか、また借入先が別の会社へ債権譲渡をした場合には過払い金請求ができるのでしょうか。

 

まず、債権と債務の全てを合併先の会社が引き継ぐことになりますので、合併する前の会社が負担をしていた過払い金を支払う債務も新会社が引き継ぐことから、合併先の会社に過払い金請求をすることができます。

 

そして別の会社に債権譲渡をした場合ですが、「債権譲渡前の過払い金を支払う債務を負担していない」と主張する可能性もありますが、原則としては債権滋養と先の会社に過払い金請求をしても問題はありません。

 

本来、債権譲渡時に譲渡人と譲受人との間で過払い金に負担についても協議をし書面を交わしているはずであり、実際に最高裁の判決で「貸金業者が貸金債権を一括して他の貸金業者に譲渡する旨の合意をした場合、譲渡業者の有する資産のうちの何が譲渡の対象であるかについて、上記合意の内容は「いけない」というべきであり、それが営業譲渡の性質を有する時であったとしても、借主と譲渡業者との間の金銭消費貸借取引にかかわる契約上の地位が譲受業者に当然移転すると理解することはできない」と出ています。

 

これによって債権譲渡されたとしても契約上の地位が移転するので譲受会社が過払い金の返還義務を負うのではなく、譲渡契約をした時の契約内容によるということになります。

 

もし譲渡契約に「過払い金返還義務を引き継がない」という内容が明確に記載されていれば、譲受会社が過払い金を返還しなくてもよいということもあり得ることになりました。

 

過払い金請求のすすめ

 

 債務整理のすすめトップに戻る

 

金無和也オススメの弁護士事務所!

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所

借入先が合併した場合の過払い金請求は可能?

闇金も債務整理も対応できる日本でも数少ない弁護士事務所です。
また、費用の安さも魅力で債務先1件当たりの着手金は2万円と格安!(任意整理、闇金業者対応の場合)


ただ安いだけでなく債務整理にも手を抜かないので、本当に評判がいい法律事務所です。
普通は断られる闇金対応してくれる所に事務所のユーザー目線の対応がうかがえます。


またメール相談は匿名で行えるのもありがたいところです。
遠方の方でも出張面談を全国どこでもしてもらえます。(対馬のような離島でも足を運んだ実績あり)


借入先が合併した場合の過払い金請求は可能?借入先が合併した場合の過払い金請求は可能?


東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所の無料相談はこちら↓
岡田法律事務所
借入先が合併した場合の過払い金請求は可能?フリーダイヤル:0120146386


女性の借金の悩みにも

同じ借金でも女性には女性特有の悩みがあるものです。


特に借金を抱えた女性は「女性が借金するなんて・・・」と思われたくなかったり、旦那さんや家族に絶対バレたくないと男性以上にプライバシー意識が高いものです。
そんな女性の借金の悩み、内緒の債務整理でも安心して任せられるのが東京ロータス法律事務所です。


ひとりひとりの相談者と必ず面談を行い、それぞれの借金問題に向き合う姿勢が女性にも安心感を与えるんです。



借入先が合併した場合の過払い金請求は可能?借入先が合併した場合の過払い金請求は可能?


女性の借金の悩みでも安心の東京ロータス法律事務所に無料相談↓
岡田法律事務所
借入先が合併した場合の過払い金請求は可能?フリーダイヤル:0120146386

このエントリーをはてなブックマークに追加 
無料電話相談
今すぐ相談したい方はこちらからフリーダイヤルで岡田法律事務所に無料相談