債務整理のすすめ
おすすめ相談先任意整理個人再生自己破産過払い金請求管理人室

債務整理の中でも任意整理は住宅ローンや車ローンを残せるの?

 

債務整理のなかでも、任意整理であれば住宅や車を失わずに済むというのは本当でしょうか。逆に、個人再生や自己破産のときに住宅や車を守ることは出来ないのでしょうか。

 

■任意整理なら住宅や車を失わずに済む!

 

債務整理をおこなう場合、住宅や車など失いたくない財産を守るためにはどうすれば良いのでしょうか。

 

住宅や車を守るためには、債務整理のなかで「任意整理」という手段を選択する必要があります。
任意整理であれば、住宅ローンや車ローンを残した状態で、残りの借金を整理することが出来ます。というのも、任意整理は債務者と債権者の間で交わされる私的な契約なので、債務者は整理したい借金・整理したくない借金を選ぶことが出来るのです。

 

一方で、個人再生や自己破産の場合は、住宅ローン・車ローンなど特定の借金だけを残すことは出来ません。

 

そもそも個人再生や自己破産は、裁判所を通して借金を半ば強制的に減らせる手続きであり、債権者にとっては少し理不尽とも言える内容です。
そのため、「債権者平等の原則」という規定が設けられており、特定の借金だけを整理から外すことは出来ない仕組みになっています。
簡単にいえば、「あの借金はしっかり返済するけれども、この借金はチャラにしたい」といったことは出来ないということです。すなわち、住宅ローンや車ローンだけを残すことは出来ません。

 

ただし例外的な手段として、「住宅ローン特則」を利用することで、住宅ローンを残したまま個人再生をおこなうことが出来る場合もあります。
これは、遅延している住宅ローンを分割返済できるようにしたり、ローンの支払期間を延長したりできる制度です。
どうしても借金が苦しければ、一度弁護士に相談してみることをおすすめします。

 

 

■住宅ローン・車ローンを任意整理するとどうなる?

 

前述のように、任意整理であれば、住宅ローンや車ローンを整理の対象から外すことが出来ます。ではもし、住宅ローンや車ローンを任意整理した場合にはどうなるのでしょうか。

 

住宅ローンには、一般的に「抵当権」が組み込まれています。
抵当権とは、債権者が住宅や土地を借金の担保として保持しておく権利のことを指します。この権利があると、仮に住宅ローンの支払いが滞った場合に、債権者が強制的に住宅や土地を競売にかけ、それによって得られたお金をローンの返済に充てることが出来ます。
住宅ローンを任意整理にかけてしまうと、抵当権を行使されてしまう、すなわち住宅を手放さなければならない可能性が高まります。

 

車ローンには、「所有権留保」という項目が記されていることが一般的です。
所有権留保とは、ローンの返済期間中、借金の担保として売り手が車の所有権を保持する制度です。言い換えると、ローンを返済し終わるまでは、その車は購入者のものではなく、売り手のものだということです。車ローンを任意整理した場合には、所有権留保に従って車が没収されてしまうおそれもあります。

 

まとめると、住宅ローンや車ローンを任意整理した場合、それらを守ることは非常に難しいということです。

 

その他の債務整理手段だと車のローンはどうなる?
その他の債務整理手段だと住宅ローンはどうなる?

 

■任意整理中に、新たに住宅ローン・車ローンを組むことは出来るのか?

任意整理中に、新たに住宅ローンや車ローンを組むことはなかなか難しいことです。
任意整理手続きを進めることが貸金業者に通知されると、信用情報機関に事故情報として5年間掲載されてしまいます。この期間中だと、新たにローンを組むことは非常に困難です。

 

 

■もっとも大切なことは、借金を完済できるかどうか

住宅ローン・車ローンを外して任意整理をおこなったとしても、出来ることはあくまで利息の免除など部分的な減債にとどまります。
残りの借金を支払わなければならないことに変わりはありません。
確かに住宅や車は大切な資産ではありますが、債務整理をして借金を返済できなければ意味がありません。もし、現実的に考えて支払いきれない借金を抱えている場合には、任意整理ではなく、個人再生・自己破産といった方法をとる方が最善となることもあります。しっかりと弁護士と相談のうえ、債務整理の手段を決めてください。

 

 債務整理のすすめトップに戻る

無料電話相談
今すぐ相談したい方はこちらからフリーダイヤルで岡田法律事務所に無料相談